「脳内の動脈瘤、手術せずに何とかなりませんか?」 

投稿日: 2019年9月14日  | カテゴリ: MBS統合メソッド

●「脳内の動脈、手術せずに何とかなりませんか?」 

 

こんにちは。綿貫 憲です。

突然ですが、あなたがカウンセラーなら、

「脳内の動脈瘤、手術せずに、なんとかなりませんか?」

と言われて心安らかに、個人セッションをお受けできるでしょうか?

破裂リスクはゼロではないのです。


※ 写真はイメージです。記事内容と関係ありません。


「母の脳内に動脈瘤があることが発覚し 

ぜひとも手術をせず治療ができないものかと
思っております。効果は得られるでしょうか?」

と言うご相談を受けて、ご高齢のお母さまご本人の再検査
までに3回のセッションの機会がありました。

ご高齢でもあり(86歳)

脳なので、慎重に慎重にさせて頂いたのは
もちろんなのですが、

ご家族の想いとご本人の力が、まるで
パラレルワールドへ移行を推し進めるかのような
出来事が実際に起こりました。

病院でのMRIの再検査後に頂いたメールを許可を得ましたので、
引用させて頂きます。

-----------------------------

>お世話になっております。
>先日母の検査に付き添って参りました。
>医師の診断を聞いてみると
>ちょっとびっくりすることがありました。


>それはMRIというと万能で撮影した隅々まで
>写し出してしまうものと思っていたのですが
>そうでもないらしく母の動脈瘤と思われるものは
>血管が少し太くなったものの可能性もあり
>おそらくそちらではないかということ


>ただはっきりそう断言できるわけでもなく
>経過観察が必要だったようです。

-----------------------------


慎重に慎重に行った3回のセッションの後、


まるで、はじめから
動脈瘤がなかったパラレルワールドへ
移行したかのうな変化を受け取られました。


ここへ至る過程では、ご家族がお母様を思いやり、
力を合わせた事、


ご高齢の本人が、原因のプロセスで、
症状の原因に感謝できるようになったこと、



更には、動脈瘤にも感謝できるようになったことが

あります。

これは、私たちがパラレルワールド(並行宇宙)へ移行したからか?


これは、私たちが多宇宙に住んでいる証拠なのか?


MBS統合メソッドを使うと、そんなことが可能になります。

物理的には、他のヒルベルト空間への移行を意味することは

幾つかの仮定の上で言えます。


もちろん、人間の力の偉大さを表しています。

(物理の議論もカウンセリングと同じくらい慎重さが必要です。)


カウンセリングの方へ話を戻すと、私たちは油断してはいけないですが、

こんなこともありえるのだと改めて思いました。

心理学等では、通常、不可能な領域と思います。

最初の問い、「脳内の動脈瘤、何とかなりませんか?」に、「何とかなった」のです。


ほっとしています。


そんなMBS統合メソッドを身に付ける唯一の機会がマスターコースです。

現在、期間限定のプレセミナーを募集しています。


こちらからどうぞ。


何をやっても変化しない身体の症状から、家族関係、職場の関係、夫婦関係、恋愛、ダイエットまで、あなたの現実が変化し始めます。


マスターコース・プレセミナーへお越しください。


LP-2.jpg

オンライン無料動画セミナー
メールアドレス

HP.jpg


 

-red.jpg

 .jpg

MBSカウンセリング センター

電話・FAX・メールでのお申し込み、お問い合わせはこちら

TEL 072-807-8864

FAX 072-807-8864

plenum.ken@gmail.com

所在地

〒573-0035

大阪府枚方市高塚町1丁目1-303号

コラムアーカイブ

2019


まずは

メルマガ登録を!

 

メルマガではこのホームページより濃い情報を優先的にお伝えしております。 

最新 のワークショップやイベントの情報も優先的にお届けしております。

こちらからお気軽にご登録ください。 (いつでも解除できます。 )

 

 merumaga-red.jpg

このページのトップに戻る

-.jpg